· 

肥満と慢性腰痛のホントのところ【吹田の腰痛専門】

こんにちは。

 

吹田で唯一の腰痛専門整体院‐CUBISM‐

院長のすぐるです。

 

いきなりですが、慢性腰痛で病院や整骨院に行ってこんな話をされたことはありませんか?

 

「太っているから腰が痛くなる」

 

「腰が痛いのは肥満が原因」

 

「太りすぎだから痩せないと腰痛は治らない」

 

心当たりがある方も少なくはないでしょう。

はじめはヘルニアだ狭窄症だと言われるも、なかなか腰痛が良くならないと運動して痩せないとダメだと突き放されてズルズルと時間だけが過ぎて…

 

日常よく聞くことなだけに、実際のところはどうなんでしょうか?

今日は肥満と腰痛の関係性についてお話したいと思います。 

 

肥満で太っているから腰痛になるのか、腰痛で動けないから肥満なのか

肥満と腰痛の関係を考えると、どっちが先なのかって話になると思いますが、私はどっちでもないと思っています。

だから「肥満=腰痛」という安易な考えはできません。

 

どちらも結果的にそうなっているだけの話であって、痩せたから腰痛が改善するとか腰痛が改善したから肥満でなくなるというカンタンな問題ではないでしょう。

 

肥満で太っていても腰痛がない方もたくさんいます。

逆に痩せていても腰痛がある方はいます。

 

一概に太って肥満だから腰痛だとは言えません。

 

実際、見た目だけでは腰痛だとカンタンに判断できません。

大事なのはもっと機能的な部分にあるので、もっとそこに注目してみていかないとダメでしょう。

そうしないから安易に「肥満=腰痛」みたいな図式ができて、「痩せないと改善しない」みたいなことになるわけです。

 

そういった考えでは、いつまでたっても慢性腰痛から卒業することはできません。

太って肥満であっても、身体のバランスが取れていて機能面がしっかりしていれば腰痛の症状で悩むことはありません。

 

もっと慢性腰痛になっている本当の原因を探っていくことの方が重要だと思います。

 

まずは慢性腰痛の原因を突き止めること

慢性腰痛を改善させるのに一番大事なことは、なんで腰痛の症状が起きているのか原因をみつけることです。

そうしないと、なにも物事は進みません。

 

原因が分かればそれに対して対策を取っていけば良いだけです。

 

病院で言われるような、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因の腰痛だと診断された場合は、本来、その原因を治療するというのが普通の考えだと思います。

 

しかし、実際にそれをしようとすると一般的な病院では手術しか方法はなくなるため、対処療法として薬や注射という選択になるわけです。

 

「痩せないと腰痛は改善しない」というのは、肥満が腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の原因だと言っていることになりますがそれはちょっと乱暴な結論でしょう。

 

なんで痩せないといけないのかをもっと詳しく説明しないと患者さんは納得しません。

 

説明も不十分なのに「腰痛を改善させたかったら痩せろ」と言うのは専門家の言葉ではありません。

 

痛みがあるのに無理に運動すると腰痛が今よりもひどくなる可能性がある

肥満が直接の腰痛の原因には成りえないとは言いましたが、現代人の運動不足は否定できません。

日頃の運動不足による体への悪影響は無視できないので、肥満の有無関係なく運動はしたほうが良いでしょう。

 

だから慢性腰痛の改善のために運動をすることは悪いことではありません。

 

でもしかし、ここで気をつけたいのが痛みをガマンしてまで運動をしてはいけないということです。

 

それは腰の痛みがひどくなるのに運動をすると体が壊れてしまうからです。

そうすると今よりも腰痛がひどくなって、最悪の場合、合併症を引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

何度も言いますが慢性腰痛を改善する時に必要なのは、なぜに腰痛が起きているのか原因を突き止めることです。

そして、どうなると腰痛が軽減するかを知ることです。

 

原因と改善方法が分かれば、後はそれに関係した治療や運動をすれば良いだけ。

ただ闇雲に運動したらいいってわけではありません。

 

とりあえず走って運動するや、腹筋背筋の筋トレをするのはとても危険です。

それで腰痛が悪化したら、今後自信を失って消極的になってしまいます。

メンタルが落ちると良いことはありませんので、もっと慎重に判断して運動やトレーニングをしましょう。

 

まとめ

まず、必ずしも「肥満=腰痛」というわけではないということを知ってください。

 

そして、大事なのは腰痛の原因を突き止めて、治療や対策をすることです。

 

決して、腰痛の原因が肥満という大枠でとらえていてはダメです。

 

あと、腰痛の原因を突き止めないまま、痛みをガマンして運動しても意味がないことを理解して安全な運動を行ってください。

 

ムリしていると逆に悪化する危険性もあるので要注意です。

 

 

 

 

 

 

医者から痩せないと腰痛は改善しないと言われたあなたへ。

 

肥満で太っている自分は痩せるしかなくて、でも痛くて運動はできないからあきらめるしかないと思っているのなら、今一度あなたの腰痛について考え直してみませんか?

 

本当に肥満で太っていることが慢性腰痛の原因で痩せるしか方法がないのかを確かめてみましょう。

 

詳しくみていくと以外に肥満は直接関係していないことも多いですよ。

 

当院のクライアント様でも、痩せるしかないって医者に言われてても慢性腰痛が改善した例は多数あります。

だからあきらめるのはまだ早い。

 

本当の慢性腰痛の原因を一緒に見つけましょう。

 

腰痛や坐骨神経痛などの慢性痛にお悩みなら

JR吹田駅(大阪駅から9分)から徒歩3分

吹田で唯一の腰痛専門整体‐CUBISM‐へ

ご予約・お問い合わせはこちら

 

 

すぐる式整体院~ CUBISM(キュビズム) ~


〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

電話:080-3119-1907
email: cubism1907@gmail.com

受付時間

10:00〜21:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス