· 

仰向けで寝ると腰が痛い人はこれ!【自分でできる腰痛対策法】

こんにちは!

吹田で唯一の腰痛専門整体院-CUBISM-

院長のSUGURUです。

 

今日は仰向けで寝ると腰が痛い人のために向けてお話させていただきます。

 

・仰向けで寝ると腰が痛い理由

仰向けで寝ると腰が痛い方の多くは腰が反ってしまっています。

もう少し詳しく言うと、骨盤が前に倒れて腰椎が前に反った状態です。

それで仰向けで寝ると腰とベッドの間に隙間が出来てしまい、腰が詰まって痛くなり寝れなくなります。

これが仰向けで寝ると腰が痛い理由です。

 

 

・仰向けで寝るための対策

まずやってほしいことは仰向けの状態で膝を立てて下さい。

そうすると前に倒れていた骨盤が体に真直ぐな位置にくると思いますので、腰の痛みが楽になる方も多いでしょう。確認してみて下さい。

膝を立てて腰が痛くないということは、骨盤が前に倒れて腰が反って詰まることが痛みを起こす要因で、膝を立てることで腰の詰まりが解消されるためです。

じゃあ、仰向けで寝ると腰の痛い方は「膝を立てて寝ればいい」ということになるのかというと、そうではありません。

寝ている時は動くのでそれはちょっと無理です。

なので簡単な方法として、使っていない枕や毛布、タオルなどを丸めて太ももの下に入れてみて下さい。

入れてみると前に倒れていた骨盤が真直ぐになって腰の詰まりが解消されるのが分かると思います。

腰の詰まりが解消されるということは、腰が反ってベッドから浮かないので腰の痛みが楽になります。

太ももの下に入れる枕や毛布の高さはそんなに高くなくてもいいです。

要は骨盤を真直ぐにして腰の詰まりが解消されれば良いんです。

 

ちなみに横向きでも腰が痛い方は、横向きになった時に上になる脚が前に倒れすぎて骨盤が前へ腰が反って詰まることが考えられます。

そういった場合は、太ももと太ももの間に枕や毛布などを挟むと骨盤が前に行き過ぎず腰も反らないのやってみて下さい。

  


※誰でもできるトリガーポイントの探し方・治し方 腰痛(図を抜粋)

 

・根本的な対策が必要

ここまでお話してきたことは、直ぐにできる応急処置のようなものです。

しかし、そもそも骨盤が前に倒れていて腰が反った状態を改善しないことには、仰向けで寝ると腰が痛いことへの根本的な解決にはなりません。

そこでやっていただきことがあります。

まず、股関節の前が硬くなっていることで骨盤を前に倒し腰を反らせていると考えられます。

股関節の前が硬くなる理由として、お腹の筋肉や太ももの前の筋肉、股関節の横の筋肉だったりが硬く短くなっている可能性があります。

筋肉が硬く短くなっていることで骨盤は前に引っ張られて倒れた形になり、それに連動するように腰も反ってしまいます。

なのでこういった原因を引き起こすお腹の筋肉や太ももの前の筋肉、股関節の横の筋肉だったりを緩めてあげる必要があります。

緩め方はいろいろあるので自分にあった方法を取られるといいでしょう。

1つアドバイスとして、呼吸を上手く使って筋肉を緩めると効果的で良いですよ。

 

 

・それでもダメなら専門家へ

骨盤を前に倒し腰を反らす原因は上記に少し書きましたが、全てではありません。

体の繋がりの仕組みは複雑で、上半身や頭頸部、足の先端まで影響していることも少なくありません。

長く慢性化しているものなら尚更です。

だから本当に骨盤を前に倒し腰を反らせている原因は何なのかを見つけることが大事で、それには専門家の助けが必要な場合もあります。

もし、根本的に治したいということであれば腰痛専門整体院である当院や、腰痛治療を得意とする先生を頼られるのが結果的に一番良いのではないでしょうか。

 

 

仰向けで寝ると腰が痛い方でお悩みでしたら、ぜひ当院にご相談下さい。

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

腰痛や坐骨神経痛でお悩みの方はこちらへ。

 

 

 

すぐる式整体院~ CUBISM(キュビズム) ~


〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

電話:080-3119-1907
email: cubism1907@gmail.com

受付時間

10:00〜21:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス