· 

実は…ヘルニアや脊柱管狭窄症でなくても、しびれは出ます

こんにちは!

吹田で唯一の腰痛専門整体院‐CUBISM‐

院長のSUGURUです。

 

今日は、実は…ヘルニアや脊柱管狭窄症じゃなくても、しびれは出るというお話しです。

 

シビレの原因はヘルニアや脊柱管狭窄症だと診断された経験のある方も多いのでしょう。

 

 

そしてお医者さんで以下ような対処をされて不満に思っていませんか?

 

・痛み止めや湿布といった治療をしているが一向にシビレが治らない

・「血流が悪いから温めなさい」と言われ温めるもシビレが良くならない

・医者にシビレが治らないことを訴えても、「様子をみましょう」といつもはぐらかされる。

・何度もシビレが良くならないと訴え続けると、精神安定剤を出されたり、心療内科に行くよう勧められる

 

 

なぜこのような不満が起きるかというと、それはシビレが起きている本当の原因を特定できていないからです。

 

正直な話、レントゲンなどの画像検査では何がシビレを起こしているかはっきり分からないことがほとんどです。

だからいくら痛み止めや湿布を処方してもシビレは良くならないわけです。

現代医学はコンピュータや機械による検査データを主に診断しますから、それらで分からないものは結局どうしようもありません。

 

でもだからといって悲観的になる必要はありません。

コンピューターや機械の検査で分からないからといって、あなたのシビレが良くならないかというとそうではありません。

多くのシビレはちゃんと改善します。

原因である部分をしっかり治療すればの話ですけどね。

 

 

私はシビレの原因が筋肉(筋膜)のコリが問題だった症例を、よくみてきました。

それもヘルニアや脊柱管狭窄症だと言われた部分ではない場所にです。

コリの出来た筋肉(筋膜)をうまく緩めてやることで症状が引いていきます。

 

この筋肉(筋膜)のコリが、周りにある神経や血管などを圧迫して働きを妨げたりします。

そうやっていろんな症状を引き起こします。

 

 

病院では、こういった筋肉(筋膜)のコリはほとんどみません。

というより画像診断などに問題となってうつりません。

昔のお医者さんは、よく触診を行っていたので上手く治すことができる方もいたと思いますが、今は触診はほとんどしません。

しても痛いところを触って確認する程度です。

 

これが実はシビレや慢性痛がうまく改善しない落とし穴となっているのです。

筋肉(筋膜)のコリは触診しないと分かりません。

それをやらないと多くのシビレや慢性痛を改善することはとても難しいでしょう。

 

機械やコンピューターが発展してきて、今までは分からなかったことが分かるようになってきたのは良いことだと思います。

しかし、逆に人間の力を信じなくなっていることも事実です。

すべての事柄は陰陽論の表裏一体であると考えると、腑に落ちるところがあります。

 

私たちのような自分の手を使った施術をするアナログな治療家は、時代遅れかもしれませんが反対に貴重な存在でしょう。

私はいつも現代医学ではじき出された患者さんの受け口になればと思っています。

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ここで、原因不明なシビレを患っている方に耳寄りなお知らせがあります。

 

 

当院では、どこの筋肉(筋膜)にコリがあるかを細かく調べることができます。

 

もし、あきらめているシビレがあるのでした一度当院に来てみてはいかがですか?

 

当院は本気でシビレを何とかしたいと思っている方を全力でサポートします!

 

本気でシビレを何とかしたい方はこちら

 

 

 

すぐる式整体院~ CUBISM(キュビズム) ~


〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

電話:080-3119-1907
email: cubism1907@gmail.com

受付時間

10:00〜21:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス