· 

どうすれば満足のいくギックリ腰の治療を受けれるのだろうか?

こんにちは!

吹田で唯一の腰痛専門整体院-CUBISM-

院長のSUGURUです。

 

今日は、満足のいくギックリ腰の治療は何かについてお話しします。

・病院や整骨院で実際に行われているぎっくり腰の治療とは?

 

急なぎっくり腰の激痛で動けなくなると病院や整骨院に行くと思いますが、満足な処置をしてもらえなかった経験はありませんか?

 

基本的に病院では痛み止めの薬を処方されるだけ、整骨院では物理療法による電気治療だけだったりします。

 

その場で激痛を楽にしてくれるということはないでしょう。

 

せっかく激痛を我慢して行ったのに、結局その状態のまま帰ることになります。

 

正直、私の経験からぎっくり腰に関して、痛み止めの薬や電気治療はあまり効いている印象がありません。

 

特に今なんとかしほしい時に、期待する結果は得られないでしょう。

 

 

 

 

・ぎっくり腰には徒手療法

 

個人的に、骨折など炎症を伴うぎっくり腰以外の筋筋膜性疼痛のぎっくり腰であれば徒手療法が即効性に富んでいると思います。

 

徒手療法とは手で行う施術のことだと思って下さい。

 

ほとんど痛みで動けない状態で来院されても、帰りには普通に歩いて帰られることが珍しくありません。

 

ウソのように動けるようになることもあるので、大変に驚かれて「神業だ!」なんて言う人もいます。

 

実際は神業でもなんでもないんですけどね笑

 

ただ痛み止めや電気治療でこういった反応を出すのは正直難しいと思います。

 

 

 

 

・なぜ病院や整骨院で徒手療法を受けれない?

 

じゃあ、なんで病院や整骨院でぎっくり腰の患者さんに有効な徒手療法を行わないのか?

 

病院に関しては、お医者さんがぎっくり腰の患者さんをリハビリにオーダーを出すことが少ない。

 

私も病院勤務していたときに、ぎっくり腰の患者さんが初診でオーダーが出たことはあまり記憶にありません。

 

だから、リハビリの先生である理学療法士や作業療法士もぎっくり腰の患者さんを施術する機会はとても少ないと思います。

 

施術する機会があったとしても、ぎっくり腰の激痛で動けない初診のときでなく、何週間も経ったあとでしょう。

 

 

 

整骨院ではどうでしょうか?

 

街の整骨院では、ぎっくり腰で受診するとほとんどが電気治療などの物理療法が主だと聞きます。

 

ある整骨院の先生が言うには、下手に触って痛みがもっと悪化したことがあるから電気治療だけするみたいです。

 

そもそも、ぎっくり腰の患者さんの施術の仕方が分からないという意見も多く聞こえてきます。

 

ぎっくり腰は全身の状態を評価して施術していく必要があるので、整骨院のような短時間の部分施術では反対に痛みが悪化するかもしれません。

 

事実、ぎっくり腰で整骨院に行って腰を揉んでもらったら、余計に悪くなって動けなくなったということがあります。

 

ぎっくり腰の施術は患者さんの動きに合わせて繊細に行う必要があるので、時間もかかりますし、技術と経験も重要になります。

 

つまり、保険診療上の問題と、繊細な技術のセラピストの在籍という2つの課題をクリアしなければなりません。

 

だから、病院や整骨院などではぎっくり腰に対する有効な徒手療法という手段が取れません。

 

その点、自費で経験と技術のあるセラピストがいる整体院はこの2つの課題をクリアすることができます。

 

 

 

 

・ぎっくり腰の施術時は無駄な体位変換を少なくする

 

ぎっくり腰になると、ちょっと体を動かしただけでも激痛が走ります。

 

ぎっくり腰の患者さんの全身を触ると筋肉がすごく緊張していてリラックスしている部位がありません。

 

 

なので常に全身力んだ状態で、痛みに対して構える形になります。

 

 

腰だけ緊張しているとかそんな状態ではないのです。

 

だから、滑らかな動きは全くできません。

 

では、どうやってこんな全身力んだ状態のぎっくり腰の患者さんの施術をするのか?

 

それにはまず、全身力んだ状態のなかでもまだ少し楽な姿勢がありますのでそれを探します。

 

大概はどちらかの横向き姿勢が、まだ痛みがマシな姿勢になると思いますので、横向きから施術を始めます。

 

うつ伏せが取れる患者さんもいるかもしれませんが、次に動いてもらうときが大変で、動けなくてフリーズしてしまうことがあるので止めたほうがいいかもしれません。

 

よくうつ伏せで電気治療を受けていて、最中は良かったけど電気治療終了後に起き上がろうとして激痛が走ってしまい起き上がれなくなったという例が多く見られます。

 

まだ座って電気治療を受ける方がマシかもしれません。

 

 

 

話を戻します。

 

横向きで施術するのに重要なことがあります。

 

それは施術するセラピストが横向きの姿勢のままで全身の身体調整ができるかどうかです。

 

仰向けやうつ伏せでないと、足の調整ができないや首の調整ができないのでは痛みを取り除くことは難しい。

 

横向けで全身調整して、全身の力みを取ることで痛みが和らいで動けるようになるため、患者さんは力むことなく姿勢を変えることができます。

 

これは横向けに限らず、坐位や立位でも同じです。

 

どうしてもベッドに横になることができなければ、座った姿勢での施術が必要になります。

 

つまり坐位での全身調整ができなければいけないということです。

 

ぎっくり腰の激痛を我慢してようやく整体院に着いた頃には、もう体力も気力も限界でしょう。

 

椅子に座って、一旦落ち着いて話をしてから次にベッドへ移動するとなると、以外に大変なものです。

 

その場合、坐位でできるだけ動けるように調整することが必須となります。

 

坐位で体の痛みと力みが和らげば、ベッドへの動作も楽になります。

 

患者さん優先で考えて施術しないとぎっくり腰はただ痛いだけで終わってしまいます。

 

だから繊細な技術と臨機応変に対処できるための経験が必要であると言うわけです。

 

 

 

 

・いきなり腰の施術はしない

 

ぎっくり腰の患者さんの施術をするにあたって、いきなり腰を揉んだり、マッサージしたりはしません。

 

めちゃくちゃ緊張している部位をいきなり緩めようとしても無理で、結局余計に緊張してしまいます。

 

それよりも、足や首といった部位から施術していく方がいいでしょう。

 

私は特に首や頭から施術していくことが多いです。

 

首や頭は動きのなかで初めに動き出す部位でもあるので、まずそこの動きが自由であることが望ましいと思います。

 

あと、首や頭で全身の筋緊張を調整しやすいという利点もあります。

 

以上のことから、ぎっくり腰の患者さんにいきなり腰を揉んだりマッサージするようなことはしませんし、一か所を集中的に施術したりもしません。

 

一か所だけ集中的に施術して、起き上がったら激痛がまたぶり返したなんてことはよくある話ですからね。

 

 

 

 

・まとめ

 

痛み止めや電気治療では満足する結果は得られない

ぎっくり腰には徒手療法がオススメ

その徒手療法を受けたいなら、十分な施術時間と豊富な経験と技術を持つセラピストがいる整体院を探す

 

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

腰痛(ぎっくり腰を含む)や坐骨神経痛などの慢性痛でお悩みの方はこちら

 

 

すぐる式整体院~ CUBISM(キュビズム) ~


〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

電話:080-3119-1907
email: cubism1907@gmail.com

受付時間

10:00〜21:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス