· 

発表します!ぎっくり腰を自分で判断していけない理由

こんにちは!

吹田で唯一の腰痛専門整体院‐CUBISM-

院長のSUGIRUです。

 

今日は、ぎっくり腰についてお話しします。

 

 

 

・ぎっくり腰を甘くみない方がいい

 

魔女の一撃とも言われるぐらい強烈な痛みが走るぎっくり腰ですが、原因が分かるもの分からないものとに分けられます。

原因が分かるものとして、がんや骨折、中枢神経障害などがあります。

 

これらが原因の腰痛の場合は、医療機関で詳しい検査と治療を受ける必要があります。

 

一方、腰痛の85%は原因不明と言われています。

つまり、上記のがんや骨折、中枢神経障害などのように明らかな危険信号のある腰痛以外は原因がはっきりしていません。

 

 

 

・「原因不明」は「良くならない」とイコールではない

 

原因がはっきりしていないからといって悲観的になる必要なありません。

 

85%の腰痛は改善しないのではありません。

今の医療機関の検査では原因がはっきり分からないだけで、腰痛を改善する方法はちゃんとあります。

 

トリガーポイントなどは、はっきりと圧痛で確認できますし、そこを施術することで腰痛が改善します。

しかし、画像検査などには全く原因として映りません。

 

機械による検査技術が未発達だった時代の医師は、見て、触って、聞いて自分の意思で判断していましたが、今は機械による検査結果がすべてになりました。

 

このことはメリットとデメリットがあり、メリットは精密検査によって危険で重篤な病気を発見できるようになりました。

その反面、デメリットも生まれました。

 

それは検査で分からないものは、すべて対処療法になってしまいました。

 

医師も自分で見て触って、患者さんから詳しい問診をしなくなったので、画像に映らない筋肉などの原因を見逃してしまいます。

 

だから、腰痛の85%は原因がはっきりしないからといって、イコールで良くならない腰痛とは違います。

 

ぎっくり腰もこれに当てはまりますし、改善するための方法はあります。

 

腰痛の患者さんを毎日施術していれば、そう難しい問題でもありません。

 

ぎっくり腰を繰り返していて、もう持病だと諦めているなら希望を持ってください。

ちゃんとした方法を取れば大丈夫ですから。

 

 

 

・自分判断はリスクしかない

 

でも注意してほしいのが、ぎっくり腰の大半が85%の原因がはっきりしない分類に入るといっても、少なからず、がんや骨折、中枢神経障害などの可能性もありえるので素人判断は危険です。

 

もしものことを考えて、まずは医療機関を受診することをオススメします。

 

 

一番ダメなのが、ほったらかしにすることです。

 

ある程度の時間が経つと、痛みが引いてくることもありますが、問題が改善したわけではありません。

一時、痛みが引いたとしても再度またぎっくり腰なったり、それを繰り返したりします。

結局は臭い物に蓋をするだけです。

 

それに繰り返す度にどんどん身体のバランスは崩れていくので、腰痛だけで済まなくなるかもしれません。

 

だから早めに専門家の判断をあおるのがいいと思いますし、それをオススメします。

 

 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

 

腰痛や坐骨神経痛などの慢性痛にお悩みの方はこちら

すぐる式整体院~ CUBISM(キュビズム) ~


〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

電話:080-3119-1907
email: cubism1907@gmail.com

受付時間

10:00〜21:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス