日焼け(からだのしくみシリーズ7)

夏になると気になるのが日焼け。

 

女性だけでなく男性も日焼け止めクリームや日傘で日焼けを防ぐ時代になりました。

 

日本人は特に日焼けに

 

日焼けとは何かについて仕組みをみていきましょう。

 

まず皮膚の色はどうやって決まっているのでしょうか。

 

皮膚の表皮がある一番下には、メラニンという黒褐色の色素をつくる基礎細胞があります。

 

この基礎細胞で作られるメラニンの量で、黒色、黄色、白色といった皮膚の色が決まってきます。

 

太陽光線には、皮膚にとって有害な紫外線が含まれていて、メラニンはこの光線を遮断して皮膚を守る働きをしています。

 

刺激の強い太陽の光を受けていると、保護するためにメラニンが多く作り出されて、その結果、皮膚の色が黒くなります。

 

いわゆる日焼けというやつです。

 

つまり、そもそも人間には有害な紫外線から身を守るための防御策が自然に備わっているということです。

 

日焼けして皮膚が黒くなることは自然なことであって、紫外線から身を守るための防衛なのです。

 

カラダは本当に賢くて、私たちが意識していないところで有害な紫外線から守ってくれているわけです。

 

これはスゴいことです。

 

もともと生まれた時から備わっているのですから。

 

それを応用しているのが日傘です。

 

日傘に黒が多いのは、これを応用しているからでしょう。

 

では、なぜ日焼けクリームを塗る必要があるのでしょうか?

 

カラダに備わっている防衛策があるのにどうしてでしょうか。

 

それはシミ、ソバカスにならないためです。

 

日焼けして増えたメラニンもやがて表皮が生まれ変わるときに、アカといっしょにはがれ落ちます。

 

皮膚はそうして元に戻っていきます。

 

その時に色素が沈着してしまった部分をシミ、ソバカスというのです。

 

だからシミ、ソバカスがあるということは有害な紫外線からメラニンが体を守ってくれた証みたいなものです。

 

シミ、ソバカスじたいが何か体に悪いというわけではなく、紫外線から守られた結果ですね。

 

しかし、シミ、ソバカスが出来るのは嬉しくないですよね。

 

特に女性は美肌にあこがれる方も多いですから、シミ、ソバカスはできないようにしたいわけです。

 

じゃあシミ、ソバカスを防ぐにはどうしたいいのか?

 

太陽の光を浴びないこと。

 

でもこれは現実的に難しいですよね。

 

そこで日焼けクリームがあるわけです。

 

日焼けクリームがどうしてシミ、ソバカスを防ぐのか?

 

日焼けクリームはメラニンを増やさないように基底細胞層に紫外線が届く前に紫外線を遮断する作用があります。

 

つまり日焼けクリームが先に紫外線を遮断させます。

 

紫外線が基底細胞層に届かなければ、メラニンが増えないわけですから肌も黒くならず、皮膚が生まれ変わるときに色素が沈着しにくくなるのです。

 

だから美肌やシミ、ソバカスのない肌になりたいのであれば、日焼けクリームは必須となります。

 

また日焼けクリーム以外にも紫外線カットの衣服や日傘などを使用するのも効果的でしょう。

 

シミ、ソバカスを作りたくないならメラニンを増やさないことです。

 

そういうとなにかメラニンが悪いやつのように聞こえてしまいますが、それは違いますよ。

 

メラニンは有害な紫外線から守るために皮膚を保護する大事な働きをしてくれていることを忘れないように。

 

そして、その保護を私たちの体が知らない所で自然に行ってくれていることを知ってください。

 

日焼けして肌が黒くなることは悪いのではなく、守ってくれていると思ってください。

 

 

黒くなることは異常ではなく、正常なことなのです。

 

 

おしまい、、、

 

〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

CUBISM(キュビズム) 〜整体院〜

ご予約・お問い合せ

受付時間

10:00〜20:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス