膝の痛み(変形性膝関節症)

年齢を重ねると膝にガタがくることがあります。

 

膝は変形し、歩くのも大変になってしまい生活に困ってしまいます。

 

お医者さんに行けば、「膝が変形してしまっているから手遅れだ」と宣告された方もいらっしゃいます。

 

そんな膝に爆弾を抱えた患者さんが、私の治療院にも訪れます。

 

来て下さる患者さんは皆、「手遅れでどうにもならない」のを何とかしてほしい人ばかりです。

 

治療院に来られる患者さんはまだ諦めていません。

 

そこで、本当にお医者さんの言う通り手遅れなのか、それとも膝に痛みがあるが、問題は膝以外の部分にあるのかを見極める必要があります。

 

実際に、「お医者さんの言う通り、もう良くならないから、これ以上悪くならないように現状維持するためにも施術しましょう。」という治療院は多いようです。

 

でも当院では、せっかく希望をもっていらしたワケですので痛みを何とかして日々の生活に困らないようになって頂きたいと思って施術しています。

 

事実、膝の痛みを訴える患者さんの多くは股関節や足関節に問題があったりします。

 

もちろん他の部分が問題になっているケースもありました。

 

しかし、股関節や足関節は影響していることは多く、施術してやると膝の痛みが和らいだり、消えたりすることが頻繁にあります。

 

特に足の裏は立っている時に唯一地面と接している部分であり、足部や足関節の問題があると膝に悪さをすることが容易に考えられます。

 

そうやって足部を徒手で動きやすく誘導したり、テーピングで促したりするだけで膝の状態はけっこう変わってしまいます。

 

だから、膝だけをみて手遅れだと単純に判断するのは少し早い気もします。

 

いろんな可能性を考えてみることで新しい道が開けてくると思います。

 

現代医療は細分化され専門性が重要視されています。

 

事実、膝の専門医や肩の専門医など存在しています。

 

しかし、人間はプラモデルのようにパーツパーツで形成されていません。

 

膝や足など切って分けているのは人間の言葉であって、本当の人間の体は全てが関係性を持っていて、切り離せるものではないのです。

 

からだ全てが自分自身であるので分けて考えること自体、不自然なことです。

 

ここで勘違いしてほしくないのが、細かくみていく専門性をダメだと言っているわけでなく、全体の関係性も同じように重要だと言いたいのです。

 

だから、膝の痛みで日常生活に困っている患者さんには簡単に諦めてほしくないですね。

 

膝の痛みを起こしている問題が他にあって、早く見つけてほしいと体は思っているかもしれません。

 

私たち治療家は体の声を聞いて、本質的に人を観るように施術をしています。

 

ロボットの体を修理しているわけではありません。

 

患者さん自身も自分の体がロボットのようにパーツパーツの寄せ集めだと思わないようにしてください。

 

体は全部でひとつだと考えてください。

 

そういった考えを持つことで、今まで自分が気がつかなかったことに気づくことがあります。

 

そうすると希望が出てくるでしょう。

 

諦める前にとりあえず、現在認識している状態を疑ってみるのもいいですよ。

 

新しい解決の道が以外と身近にあるかもしれませんよ。

 

 

おしまい、、、

 

 

 

 

〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

CUBISM(キュビズム) 〜整体院〜

ご予約・お問い合せ

受付時間

10:00〜20:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス