吹田市のJR吹田駅より徒歩3分にある腰痛専門の整体院

腰痛について

安静にしていて治るのか?

腰痛になると痛くて動くのが辛くなります。

 

とりあえず薬を飲んで痛みを抑えて、できるだけ安静にして痛みが通り過ぎるのを待つ人が多いのではないでしょうか?

 

でも安静にし過ぎて動かないのはよくありません。

 

何故かと言うと人は動かないと、どんどん身体は硬くなっていきます。急性の痛みは安静にしていれば治まることはありますが、身体が硬くなって2次的に腰痛を引き起こします。

 

一度、身体が硬くなるとストレッチやマッサージでは解決するのは難しいでしょう。

 

当院では硬くなっても解決できますが、できれば腰痛になったらできるだけ早く来院して下さい。そうすれば2次的な影響を起こすことなく、早く問題を解決できるはずです。

 

安静にしていても腰痛が良くならない人はこちらへどうぞ。

 

薬を飲んで治るのか?

腰痛で整形外科を受診すると、だいたいの場合に痛み止めの薬が出されます。

 

こういった薬は腰痛の痛みを軽減するための薬です。つまり、腰痛の原因を治すものではありません。対症療法です。

 

だからといってダメだということではありません。

 

薬が効いている間に自然治癒するのであれば、効果的です。実際に薬を飲んでいる数日間で自然治癒される方もおられます。

 

しかし、問題なのは薬が効いているうちは良いが、薬の効果が切れると痛みが出る場合。これはずっと薬を飲み続けることになるので非常に危険です。

 

そのまま薬を飲み続けても良くなる可能性は非常に低いでしょう。逆に原因部位がどんどん悪化している可能性の方が高いと思われます。

 

また、長期になると薬の効果が低くなってきて、より強い薬に変わります。

 

病院で出される薬って決して体に優しくありません。

 

短期間だけ飲むのであれば体への影響は少ないかもしれませんが、長期間となれば薬による副作用も心配です。

 

薬や注射を使わずに腰痛を改善するならこちらへどうぞ。

 

一般的によく処方される薬の副作用について記載がありますので参照して下さい。

 

参照 http://fukuhand.gladlife.com/antiinflammatory/loxonin/

 

ブロック注射で治るのか?

ブロック注射は神経に局在麻酔薬を注射して痛みを感じる神経を一時的に遮断します。よく整形外科で治療として行われます。

 

一度で効果がある人もいれば、何度か打つ人もいます。

 

あくまでも麻酔注射で一時的に感覚を遮断している状態ですのでその間に自然治癒しなければ、また痛みに悩まされます。

 

何度かブロック注射で誤魔化せても原因が解決しないことには良くなりません。

 

何度か注射しても治らないのであれば、他の治療方法を考える必要があります。

 

薬や注射を使わずに腰痛を改善するならこちらへどうぞ。

 

腰の牽引で治るのか?

昔から腰痛の人に対して行われていた物理療法(牽引療法)です。整形外科で見たことあるんじゃないでしょうか。腰にバンドを巻いて引っ張る機械です。

 

日本ではまだよく見る機械ですが、アメリカなど海外ではほとんど行われていないようです。

 

理由は効果が無いとの研究がたくさんあるようです。

 

でも日本では普通に行われます。

 

実際に10年以上前から腰の牽引に通っているなんていう強者もいます。腰痛は治っていませんが、、、

 

では腰の牽引がなぜ効果的でないか。

 

それはどんな腰痛の人にも垂直方向に機械的に引っ張るところです。原因部位は人によって違うし、体型や身長も違います。

 

人間ってそんな単純な構造で出来ていません。

 

腰の骨ひとつとってもいろんな方向に動きます。

 

だから腰の牽引では腰痛の原因解決にはならないのです。反対に悪化させることもよくあります。腰痛だからとりあえず牽引っていうのは危険です。

 

何回牽引しても腰痛が治らないのに継続しているなら、再度治療を考え直す必要があると思って下さい。

 

もう病院に行って腰の牽引ばっかりで良くならず、ウンザリしている人はこちらへどうぞ。

 

電気治療で治るのか?

電気治療には「低周波治療器」「マイクロ波」があります。

 

低周波治療は皮膚に電極をつけて電流を流します。ビリビリした刺激を受けるやつです。電気によって筋肉の緊張が緩和される効果が期待されます。

 

マイクロ波は電子レンジの原理と同じで患部にマイクロ波を当てて、体の深部を温めます。筋肉を温めて緊張を緩和させます。

 

どちらも病院や整骨院でよく見る治療機器です。

 

効果のほどは一時的で持続性のあるものではありません。急性腰痛には効果は期待できるかもしれませんが、緊張状態が長期間持続している慢性腰痛には有効的とは言えません。

 

電気治療で効果がでない人はこちらへどうぞ。

 

湿布で治るのか?

医療用の湿布には鎮痛作用のあるものもあり、痛み止めの効果が期待できます。

 

温湿布と冷湿布がありますが、基本的に同じです。

 

温感か冷感かの違いですから。

 

実際に皮膚温度を大きく変えることはありません。

 

もう使用している人はお気づきと思いますが、湿布で慢性腰痛の原因を解決する効果はありません。

 

あくまでも一時的な痛み止めなんです。

 

痛みを緩和しているうちに自然治癒すればいいですが、反対に悪化しているのに誤魔化し続ければ状態はどんどん悪くなるだけです。

 

あと、湿布はカブれることがあるので注意が必要です。

 

皮膚が弱い人は使用を考えた方がよいかもしれませんね。

 

湿布はもうこりごりで、腰痛の原因を改善して悩みを解決したいならこちらへどうぞ。

 

筋トレで治るのか?

よく、腰痛になったら腹筋と背筋を鍛えろと耳にしたことはありませんか?

 

でも腰が痛い時に筋トレするなんて苦しいですよね。

 

確かに腹筋や背筋の筋力が弱っているかもしれません。しかし、それを鍛えて治すのはちょっと間違いです。

 

弱っている原因を突き止めてそれを解決してやるのが先です。

 

よく腰痛で腰の背筋が硬くなる人が多いですがそれは働きが弱くなった腹筋を背筋がカバーするためです。

 

なぜカバーするかと言うと、腹筋と背筋は人間の体を前後から支え合っていますからね。

 

腹筋の機能的な働きが弱くなるのは構造的に問題が生じているからです。構造を変えることで機能も回復しますので弱くなった働きが戻ります。長期間弱っている場合は戻るのに少し時間がかかることもありますが、特別に筋トレをして強くしなくても原因となった日常生活の悪習慣等を止めることで再発しません。

 

筋トレが悪いとは決していいませんし、予防に良いと思います。しかし、構造的に問題があり機能していないのにその部分のみ強くするのはナンセンスです。

 

腰痛治療に今行っている筋トレに懐疑的な人や筋トレしても腰痛改善しない人はこちらへどうぞ。

 

ストレッチは治るのか?

体が硬いから腰痛になっていると思っている人が多いんじゃないでしょうか?

 

事実、腰痛の人で体が硬くなって柔軟性が乏しくなっていることはあります。

 

では「ストレッチは効果あるじゃないか!」と思われるかもしれません。

 

しかし、マニュアル本通りにストレッチすればいいかと言われればそうではありません。

 

腰痛の人それぞれに原因が違い又硬くなっている部分も違いがあります。

 

腰痛の慢性度や症状によっても違います。

 

しっかり体の状態を評価してあげないとどのストレッチが有効かは分かりません。間違った部分を一生懸命にストレッチしても良くなるどころか悪くなることだってあります。

 

あとストレッチがその原因に対して有効でないことも多いです。

 

人の体はそんなに単純ではなく複雑です。マニュアル本のように「これにはこれ」と言うワケにはいきません。

 

マニュアルは大多数の人に何となく当てはまるようにできています。オンリーワンではないのです。

 

誤解のないよう言っておきますが、ストレッチを否定しているわけではなく、今の自分の体の状態に合っているストレッチなのかしっかりご自分で判断する必要があります。

 

すごい先生が書いてる本のストレッチだから良くならないけど実施し続けているでは意味がありません。

 

もし自分で今のやっているストレッチが自分に合っているのか分からなくて腰痛も良くなっていない人はこちらへどうぞ。

 

 

マッサージやあん摩で治る?

昔も今もマッサージやあん摩は日本人にとって身近なものです。整骨院でマッサージやあん摩のような施術を受けた腰痛の人は多いのではないでしょうか?

 

でも結果良くならないので、他の方法を探して当院のホームページを見ているのでしょう。

 

マッサージやあん摩によって得られる効果は筋肉を押すことで反射的に緊張が緩むことにあります。

 

これは一時的な効果が多く、また筋肉は硬くなってしまいます。

 

それは、なぜ筋肉が硬くなっているのか原因を突き止めていないからです。

 

その原因となるものを解放しなければ問題解決とはいきません。マッサージやあん摩で一時的に緩和しても直ぐにまた硬くなってしまう繰り返しが起きます。

 

下手な人がマッサージやあん摩をすると筋肉が傷つくこともあります。翌日には余計硬くなって揉みかえしを起こすかもしれません。

 

腰痛の状態にもよりますが、あまり酷い痛みの場合はマッサージやあん摩による強い刺激を与えないほうがいいと考えます。

 

余計な刺激を原因と直接関係ない部位に与えることはとても危険です。

 

実際に当院にも腰痛でマッサージやあん摩を繰り返し受けていて余計に悪化してしまった方が多く来院しています。

 

通院する度に腰痛が悪化していくのでは行く意味はありません。

 

早くそのことに気づいて下さい。

 

気づいた人はこちらへどうぞ。

 

すぐる式整体院~ CUBISM(キュビズム) ~


〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

電話:080-3119-1907
email: cubism1907@gmail.com

受付時間

10:00〜21:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス