吹田市のJR吹田駅より徒歩3分にある腰痛専門の整体院

今すぐできる健康法(セルフケア)

慢性的な腰痛や肩こり等の症状の原因の多くは、日常生活の中にあります。

☑ 姿勢や動作

☑ 食生活

☑ 睡眠

☑ 運動

☑ 生活リズム

☑ 人間関係

 

挙げればキリがないほど、日常生活の生活習慣による影響が強く影響します。

現代社会はストレス社会であり、多大なストレスは自律神経を狂わせ様々な症状を生み出します。

いかにこの日常の生活習慣に対して対応していくかが、大きなカギとなっていきます。

今、このようなストレス社会でありますから様々な健康法やセルフケアが世に出てきました。

正直どれが効果あるのか?ないのか?

選択するこちらの方も選ぶ悩みが絶えません。

ここでは当整体院で勧めているセルフケア(健康法)を紹介します。

 

身体を冷やさないようにして免疫力を上げよう!

健康な人の体温は36.8℃くらいです。

しかし、最近の日本人の平均体温が下がってきています。原因として考えられるのは日頃の食生活やストレスです。そして、全ての病気は体の冷えに原因があるとも言われています。

では、健康になるにはどうしたら良いか?

体を温め、免疫力を上げることになります。

また、体を冷やさないことも重要です。

体を温めるには、湯船にしっかり浸かり、適度な運動をすることです。これは習慣化する必要がありますね。

次に体を冷やさないようにすることですが、夏場はどうしても冷たいビールやジュース、アイスクリームを口にする機会が増えると思います。これらは、腸を急激に冷やし血液循環を悪くします。さらに白血球の能力を低下させてしまいます。

つまり、免疫力を低下させてしまいます。

夏場の冷たい飲食物はとても魅力的ですが、少し控えて体を冷やさないようにして下さい。

あと、冷房の部屋では一枚羽織るなどして体温調整して下さい。

引用・参考文献

体を温めると病気は必ず治る 実践編
石原結實(著)

 

ネガティブな感情を解放して楽になろう!

ネガティブな感情はエネルギーが混乱している状態です。

このような感情的な苦痛は、心身のエネルギーのバランスを崩します。

ネガティブな感情を内に抱えたままでは、積極的に自分の思う行動ができなかったり、何度も同じ失敗をしたり、自己嫌悪になったりします。

高所恐怖症や閉所恐怖症なども同じです。

このネガティブな感情を解放するテクニックをEFT(感情解放テクニック)と言います。

この簡単なテクニックは自分にはもちろんのこと相手に行うこともできます。

具体的な方法は書籍に詳しく書いてありますので参照下さい。

感情が与える心身への影響は測りしれません。

例えば、ネガティブな感情が胃に穴を空けたり、髪の毛が抜けたり、白くなります。

そういったネガティブな感情は貯めずに解放して健康になりましょう。

引用・参考文献

1分間ですべての悩みを解放する!公式EFTマニュアル

ゲアリー・クレイグ(著)

ブレンダ(翻訳)

山崎 直仁(翻訳)

水分を多く含む食べ物を食べること!

体の70%は水分で構成されています。

生命維持に絶対必要である水分を、体は常に求めています。

体をベストコンディションに保つには、水分が70%以上を占める食事が必要ということです。

では1日に水を沢山飲めばいいのか?というわけではありません。

体が求めているものは、果実と野菜の水分です。

もちろん生であり、加工・調理されたものではありません。

人間の体が必要とする全ての栄養素、ビタミン、ミネラル、タンパク質、アミノ酸、酵素、炭水化物、脂肪酸などは皆、果実や野菜に含まれます。

つまり人間が生きる上で必要不可欠なものです。

勘違いしてはダメなことは肉や米、魚等がダメと言っているわけでは無く、30%程度に抑えて70%を果実、野菜というバランスにするのが良いということです。

水分は体内に栄養素を運び、体の老廃物を浄化(解毒)する重要な機能を果たしているのです。

では水分である飲水を沢山飲むのはなぜダメなのか?

その答えは水道水やペットボトルの水を飲んでも、栄養素を運び、体の老廃物を浄化(解毒)する作業をしてくれないからです。

生の果実や野菜を定期的に食べて、体をきれいに保ちましょう。

引用・参考文献

フィット・フォー・ライフ

ハーヴィー・ダイヤモンド(著)       マリリン・ダイアモンド(著)        松田麻美子(訳)

耳から全身を緩める!

「耳の緊張が全身に影響を与える!」と言われても中々ピンとこない方もいると思いますが、耳は結構緊張して凝っているのです。

話を一生懸命に聞こうとすると、音に対して耳が反応し、耳の周囲の筋肉は緊張し、固めてしまいます。

現代社会で音の遮断されている場所等少なく、常に意識・無意識に音に影響されています。

 

耳の緊張による凝りが、全身に影響しているか体験してみましょう。

STEP1 

まずは体を前屈させて体の固さを確認して下さい。

 

STEP2 

次に耳の周りの筋肉をストレッチしてみましょう。

中指と親指で耳を軽く挟むように持ち、ほんの少し離すように横に引っ張り、少し回してみると緩んでくるのがわかります。

柔らかく緩んだと思ったら反対側もやって下さい。

 

STEP3 

もう一度、体を前屈させて、体がさっきより柔らかくなったか確認してみましょう。

きっと、耳の緊張が体に影響していることを実感できるはずです。

この耳の緊張をとるストレッチは簡単で効果ですので、仕事の途中など数分あれば可能なので、ぜひ試してみてください。

 

引用・参考文献

身体のホームポジション

藤本靖(著)

不安やストレスをリフレッシュ!

不安やストレス等を抱えている人に必見です。

 

ボディートーク療法というアプローチがあり、その中で誰でも行える方法があります。

それが、「大脳皮質のテクニック」です。

大脳皮質は前頭葉、頭頂葉、後頭葉、側頭葉から成ります。

そこが活性化することで、体の全てのシステムをより良く促進させます。

大脳皮質のテクニックは簡単で、自分自身のケアや周りの人にもできます。

本来人間が持つ自然治癒力を促進さるので、何度か繰り返し行えば効果が期待できます。

一日に何回行っても特に問題はありません。

薬も器具も必要ありません。

直ぐに誰でもできます。

 

ではどうするかと言いますと・・・深呼吸しながら、脳と心臓をタッピングしていく方法を使います。

これだけではわかりませんよね。

言葉で説明するよりも動画を見てもらう方が分かり易いと思います。

Body Talk Japanのホームページの中に大脳皮質のテクニックの動画がありますので参照下さい。

http://www.bodytalk.co.jp/

また、YouTubeで大脳皮質テクニックでもご覧頂けますので見てみて下さい。

 

 

 

 

 

CUBISM(キュビズム) 〜整体院〜


〒564-0082
大阪府吹田市片山町1-5-24
(JR吹田駅から徒歩3分)

電話:080-3119-1907
email: cubism1907@gmail.com

受付時間

10:00〜21:00

月曜日〜日曜日

休診日:不定休

リンク画像:ご予約・お問い合せ
リンク画像:アクセス